お金は廻る、マネーは環る。ラウンドビスケット
英語

目標別!大手企業英語講師がオススメする英語教材【まとめ】

大手企業英語講師がオススメする英語教材はこれだ

こんにちは、KOKIです!

このページでは大手企業で英語講師を務める私がオススメする目標別オススメ教材を紹介しています!

私が現在も使っているもの、過去に使っていたもの、使ってみて「これはいい!」と思ったものなど、どれも私の経験に基づいてご紹介させていただいています!

まだ目標が決まっていないという方はまずこちらを読んで目標を設定してください!

英語学習を始める前に必ずお読みください。(リンク切れ)

目標別!オススメの英語教材

英会話ができるようになりたい!

英会話ができるようになりたい人に必要なものはたった2つ。

適切な教材と、英会話ができる環境の2つです。

オススメの英会話教材

英会話の教材は山のようにありますが、私がオススメするのはたったひとつだけです。

この本はかなり有名で、例えばDMM英会話では公式教材として紹介されているほどです。

アマゾンのレビューを見てもその評価の高さが分かります。

英語がそれなりにできる人が見ると「なんだこの簡単な内容は」と騙された気分になると思いますが、そう感じている人ほどその簡単な内容が会話の中で使えていないはずです。

はっきり言って英会話は中学英語だけでも成り立ってしまうので、この簡単な内容を何度も何度もこなすことが英会話レベル向上の近道なのです。

もしこの本を完璧にこなせるようになったら次のステップ、次の教材へ進めばOKです。

例えばこちら

ネイティブ2人による台本なしの生の会話を聞いて学べる教材です。

ネイティブが使う口語的な表現を身につけたり、ネイティブが会話するナチュラルなスピード、会話のリズムやアクセントなどを学んで、更に高みを目指しましょう。

オススメの英会話サービス

英会話ができる環境を作るには、続けやすいオンライン英会話がオススメです。

何事も継続が大切なので、長く続けられるようハードルをガンガン下げるのがコツ

どこかに通うとなるとそれだけでハードルが上がってしまいますからね。

ちなみに私もはじめはオンライン英会話からスタートし、現在もオンライン英会話で学び続けています。(店舗型も経験ありです)

オンライン英会話【エイゴックス】
私が最初にオンライン英会話を始めたのもここ。とにかく値段が安いのが魅力で、フィリピンの講師なら1レッスン200円(25分)、ネイティブ講師なら1レッスン1,000円(25分)という破格の値段です(笑)レッスンは自分で好きな講師の中から選んで予約していく形なので自分で受講スケジュールを作れるので柔軟なスケジューリングができるのも魅力のひとつです。レッスンの後には講師が評価もしてくれるので自分の成長度合いを確かめることもできます。


DMM英会話
現在私が受講しているのがDMM英会話。こちらの記事にも書いた通り、DMMモバイルで貯めたポイントを使って受講しています(笑)DMM英会話も他のスクールと比べ割安で、フィリピン人講師なら毎日25分のレッスンで月6,000円、ネイティブ講師なら同じコースで15,800円から。DMM英会話のメリットはやはり毎日レッスンを受けられるということ。逆に毎日受けないといけないというプレッシャーにもなるのですが、追い込んで集中的にやりたいならDMM英会話がオススメです。

スタディサプリ ENGLISH
 今話題のスタディサプリ。CMでもやってますよね。会話を実際にするのではなく、ストーリー形式で進む会話を聞いてクイズに答えたり、実際に発声をして発音チェックをすることができる新感覚の英会話教材になってます。しかもスマホでできます。なので英会話スクールにいきなりかようのちょっと不安という方にはかなりオススメ。月額980円で2000近くある講義を何度でも受けられるとってもすごいサービスです。初月は無料で受講できるのでお試し感覚で申し込んでみてはどうでしょうか。


より実践的に学びたい時は

私は友人にもまずはオンライン英会話をオススメしていますが、正直店舗型のスクールに勝るものはないのも事実です。

より実践に近い環境で学びたい人や、オンライン英会話からステップアップしたいという人は店舗型の英会話スクールも選択肢に入れてみましょう。

駅前留学のNOVA
 英会話スクールの代名詞的存在。価格が比較的安いのが魅力で、全国各地に店舗があるためまずはここを推しておきたいです。「価格相応」という口コミも見かけますが、私の受けていた「マンツーマンレッスン」はとても満足のいく内容でした。個性の強い先生だったので常に圧倒されていましたが(笑)


読み書きができるようになりたい

英語を使って文面でコミュニケーションを取ったり、英語のニュースを読めるようになりたいならTOEIC L&Rで600点程度のスコアを目指せば話が早いです。

読み書きできるようになりたいという漠然とした目標はマイルストーンを設定しづらく、どれくらい能力が上がったのかが数値で判断できないので勉強が続かないのです。

「なんだTOEICか」と思われるかもしれませんが、表面的な勉強だけではTOEIC600点以上を取ることはほぼ無理な話で、しっかりとした英語の基盤ができた人だけが600点というスコアを取ることができます。

これは350点から890点までを経験した私が言うことなのでほぼ間違いないと思います。

体感的に600点あれば、基本的な英語の読み書きに戸惑うことはないはずです。

それでは教材の紹介です。

このDUOシリーズはかなり有名な教材で、正直これ一冊を完璧にやれば730点程度までいけます。

英語弱者はいろんな単語帳に手を出しがちですが、はっきり言ってこれ一冊で十分です。これ以外の単語帳を買うときはあなたがTOEIC900点を目指す時だけでしょう。

CDもセットで買えば効率が爆上げすることも最後に付け加えておきます。

 

これもマストバイな一冊です。結局TOEICでスコアを上げるために必要なことは圧倒的な経験値です。

テストの流れに慣れ、2時間という長期戦を戦い抜く基礎体力をつけることも必要になるので公式問題集を解きまくりましょう。

 

The Japan Timesの英語学習紙「Alpha」
 私も3年以上購読している英字新聞。TOEICの難所である長文問題のスコアをアップさせたいなら圧倒的な量の英文を読むしかありません。ジャパンタイムズの英字新聞なら英語と日本語が併記されているので英文をミスリードすることもなく確実に勉強することができるのでオススメ。毎週届いて3ヶ月で3,390円とかなりお得です。


(今後も順次追加予定です!)